#31

 
ユンナはギジュンのカフェに客として潜入し、コーヒーの味に言いがかりをつける。出し直されたコーヒーにも埃が浮いていると文句をつけて怒って帰ろうとするが、店にある高級な陶磁器を割ってしまう。ユンナは弁償する代わりに無給で働かせてほしいとギジュンに頼み込む。一方でビンナは、不倫を知りながら計画的に偽装離婚を進めたマルスクに怒りをぶつけ、離婚を白紙に戻すよう訴える。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001