#33

 
スノクはテシクが結婚するという事実が理解できず、結婚式の招待状を手にビンナの元へやって来る。そして激怒した勢いでテシクの結婚式場へと向かうことに。スノクから責められたマルスクは、むしろビンナが男を作ったから離婚したのだと言ってビンナを侮辱する。一方でエスクは、ジェイクが気に入っている女の顔を見るため、スノクのいるスーパーへ偵察にやって来る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001