#38

 
婚約式の前日、ハジュンはチェリに婚約の話はなかったことにしようと告げる。チェリは、ビンナのせいで心変わりしたのなら承諾できないと断るが、ハジュンはビンナを見下してぬれぎぬを着せたのは自分に対しても失礼な行為であり、もう会いたくないと言って突き放す。一方でハジュンはビンナが家賃を工面できず困っていることを知り、助ける方法をギジュンに相談する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001