#49

 
ビンナを食事に連れていき、二度とハジュンに会わないことを証明するよう迫るテシク。ビンナはハジュンを店に呼び出し、テシクの前でもう自分たちの前に現れないでほしいと告げる。一方でスノクは、ジェイクと出かけるために弁当を用意し、ジェイクもスノクに出会ってから退屈な毎日が特別な日々になったと言って、彼女に感謝する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001