#50

 
ビンナの家に誘拐の通報を受けた警官がやってくる。そこへ現れたマルスクもビンナが孫を誘拐した女だと証言し、ビンナは警察に任意同行を求められることに。結局ビンナは警察へ連れていかれ、マルスクはヨンドゥを連れて帰ってしまう。ビンナが心配になって電話をかけたハジュンは、代わりに出たスノクからビンナが警察に連行されたことを聞く。ハジュンは弁護士を同行して急いで警察署へ駆けつける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001