#57

 
再試験の日、チェリの差し金によって、ビンナの用意した食材は使えなくなってしまう。動揺しながらも機転を利かせ、別の料理で試験に挑むビンナ。ユン社長は料理の出来には満足するものの、食材の管理も調理師の能力だと考え、ビンナを不合格にしようとする。しかしエスクは、ビンナの人柄や料理への考え方を褒め、採用するように社長を説得するのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001