#58

 
またしても偶然にビンナと会ったサンウクは、ビンナを運命の女性だと思うようになる。そして同じ日にチェリもハジュンへサンウクを紹介し、ビンナを含めた4人で食事をすることに。食事の席でチェリは、自分の口添えによってビンナはチョンウン閣に採用されたのだとうそをつく。一方でビンナの入社志願書を見たエスクは、ビンナの家の世帯主名が「チョン・スノク」であり、住所もスノクの家と同じであることに気付くのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001