#68

 
ハジュンはビンナに告白するが、気持ちは受け入れられないと言って断られてしまう。サンウクはハジュンのことで悩んでいるなら自分を利用するようにとビンナに申し出る。ハジュンとビンナの会話を聞いてしまったチェリは、2人が自分を引き離すために契約恋愛をしていたことを知って憤慨する。一方でジェイクは、見合いの相手と結婚することをユン社長に告げ、近いうちに紹介することを約束する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001