#83

 
看護師の息子の血液型が希少なRH-O型だったため、スノクは同じ血液型のビンナを呼ぶ。ビンナの献血のおかげで手術は無事に成功する。ビンナの助けに感謝した看護師は、スノクの見せた写真の女が子供を連れ去った女だと断言する。一方でテリはハジュンと共にチョンウン閣で食事をし、ビンナの作った神仙炉を気に入る。ビンナはテリの前に呼ばれ、ユン社長の弟子で有能な調理師だと紹介される。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001