#93

 
ジェイクとスノクが結婚したことで、マルスクはテシクとビンナが離婚してチョンウン閣の財産を継げなかったことを悔やむ。一方でデプンは、テリと結婚するために捨てた前妻がスノクであることをハジュンに話し、だからビンナとは結ばれない運命なのだと言って結婚を反対する。パク室長にも事実であることを確認したハジュンは、ショックを受けて打ちひしがれるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001