#7

 
ソクジュはヘリョンの弁護を引き受けることになる。だが、ソンファグループはチャ法律事務所の得意先である。その後継者を殺した犯人を弁護するのでは、事務所にとっては困ったことになる。ヨンウはソクジュを呼び出し、別の弁護士をあてがうよう勧めるのだが、ソクジュは受け入れない。ソクジュが弁護人であることを知ったソンファ会長は激怒し、チャ法律事務所への依頼を全てキャンセルさせるのだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001