#11

 
ジョンソンが拘束され、ソクジュはジョンソンを助けようとする。だが、ソクジュはユリムグループの担当を外れているので、手だてを打とうにも資料を見せてもらうことすらできない。面会に行ったジョンソンからも、事件から手を引くようにと冷たくあしらわる。しかし問題がソクジュの予想どおりに運ぶと、ジョンソンはやっとソクジュの言葉に耳を傾けるようになり…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001