ヒョヌンは、チャヨンを愛する自分の気持ちに気付き、自分が子供の責任を取るから、チャヨンとの結婚生活を続けたいと話す。しかし、チャヨンは自分がいなくなれば、何の問題もなくなるとヒョヌンに冷たく告げる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001