夜中に目覚めてヨルムがいないことに気づいたハジンは不安に駆られ、捜しに出る。そこで彼が目にしたのは、テハの前で泣きじゃくるヨルムの姿だった。怒りに震えるハジンを前に、テハはヨルムが誤解されないよう、仕事の件で咎める振りをする。ヨルムがそこまで泣くのを初めて見たハジンは理由を問うが、ヨルムは黙り込んでしまう。そんなヨルムを理解しようと必死のハジン。そんな中、テハは泥酔したソルを家に送り届けるはめになり…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001