#14

 
ホンジュに連れられ、テヒがボランティア活動をしている倉庫にやって来たホンビン。しかし、そこにいた"キム・テヒ"は捜していたテヒではなかった。一方、セドンはソウルに来ていたテヒの両親を駅まで送ろうとするが、なぜかテヒの両親の態度がいつもと違う。そんな中、テヒが生きていることを知ったユン女史は、誰よりも先に彼女に会おうとするが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001