#17

 
ホンビンはホンジュの手紙を自分に渡さなかった理由についてユン女史に問い詰めるが、うまくはぐらかされる。一方、テヒはホンビンとセドンが自分のために別れようとしていることを知り、2人に手紙を残して、NGOの活動のためラパスへ旅立ってしまう。そんな中、セドンは"テヒに会いたい"と言うテヒの母親のために求礼に向かうが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001