#1

 
恭愍王末期、亡き魯国姫の霊堂の建設と恭愍王の心の病により、高麗は没落の一途をたどっていた。そんな時、チョン・ドジョンは恭愍王に現状を訴える上書を書くが、高麗の陰の権力者、イ・イニムに取り下げるよう脅される。ドジョンとチョン・モンジュ、成均館の儒生たちは命がけで高麗を守ろうとするのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001