#23

 
巡軍府に出頭を命じられたイ・イニムは最後の頼みの綱、ウ王に助けを求めようとするが、ウ王は会おうともしない。チェ・ヨンも同じく、家の前で待ち続けるイニムを拒む。一方、明が遼東は自国の領土だと主張しはじめ、朝廷の大臣たちは憤りを感じていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001