#46

 
朱元璋の命令どおり、ドジョンを明に行かせるべきだと主張するイ・スッポン。ドジョンは、鞠庁(クッチョン)を設置して、スッポンを操っている人物を自白させようとするが、チョ・ジュンは拒む。ドジョンたちが、もめていることを知ったバンウォン。時が来たとばかりに立ち上がる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001