#48

 
チョン・ドジョンは遼東が孤立している今こそ占領すべきだとイ・ソンゲに訴える。だがチョ・ジュンは、明を刺激することになると言って反対する。2人の間で揺れるソンゲ。一方、イ・バンウォンは、私兵の廃止を強行しようとするドジョンを、武力で制圧するしかないという結論を下すのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001