#4

 
ヒーラーはミンジャの心配をよそに、正体を偽りヨンシンの新聞社で働き始める。ヨンシンは性接待の記事を投稿するため部長に許可を得ようとするが却下される。ムンホは言論界の大物たちに呼び出され、政界への進出を薦められる。一方 コ・ソンチョル事件を追うユン刑事はヒーラーに近づく新たな手がかりを見つける。ヒーラーを心配するミンジャはデヨンにヒーラーを見守るよう頼む。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001