ウンビョルの誘拐犯がサンミンであることを確認したテソンは忍耐の限界を感じていた。そしてこれ以上野放しにはできないと、サンミンの命を自分の手で奪おうと決心するのだった。警察が調査のためサンミンを訪ねたのだが、そこでテソンがサンミンに手を下す場面を目撃する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001