警察の電話を受けてどこかに走って行ったジョンヨンとテソン、そしてジュンヒョク。しかしそこで凄惨な現場に向き合うこととなる…。ウンビョルは生きていると信じ続けていたジョンヨンの目の前には、冷ややかに置かれている遺体があった。しかしジョンヨンは最後まで希望を持ち続ける!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001