ジョンヨンはテヒに立ち向かっていく。しかしテヒはジョンヨンに、以前よりもさらに大きな衝撃と絶望を味わわせようと意気込むのだった。ジョンヨンの動きに不安を感じるテヒはジョンヨンの一挙手一投足を監視するためにジョンヨンの事務室に隠しカメラを設置する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001