ジョンヨンはホンジュ事件の容疑者として警察に連行されてしまう。しかしジョンヨンは必死に潔白を主張する。
事故現場にあったCCTVにはジョンヨンとホンジュの姿のみが映っていて、テヒの存在は削除されていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001