チェ教授からテジャとミンジュがつきあっていると聞かされ衝撃を受けたチャンミ。テジャに少しずつ気を許していたことに気がつき、そんな自分が許せずテジャに冷たく当たる。納得のいかないテジャは仕事が手につかず、大事な会議も集中できない。一方、ホン女史はミンジュに借りを作るまいと意図的に高価な時計を贈る。何も知らないミンジュとチェ教授は、ホン女史に気に入られたと舞い上がり…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001