ミンチョルへの復讐心でテジャに近づいたなら手を引いてほしいとミンジュに頼まれたチャンミは、思わずテジャが好きだと言ってしまう。自分の本当の気持ちに気付いたチャンミはテジャの顔をまともに見ることができない。その頃、ミンジュの父はチャンミが妊娠して流産までしていたことを知り店まで訪ね、過去のことは忘れて自分のことだけを考えろとチャンミにアドバイスするが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001