テジャとつきあうことを決意したチャンミは、うれしくもあるがまた傷つくのではないかと不安でたまらない。一方、テジャはチャンミの母親に交際を認めてもらおうと豪華なイベントを準備する。話を聞いて驚くヨンジュだったが、2人の交際を認めることに。チャンミのためにホン女史への点数を稼ごうとテジャの家の家事代行を継続することにしたヨンジュは、そこで思わぬ人物に出くわしてしまい…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001