本部長というポストが気に入らないテジャは本部長になる代わりにチャンミを結婚相手として考えるようホン女史に条件を提示する。一方、ホン女史に呼び出されテジャの右腕になってほしいと頼まれたジュニョクはむなしさを覚えていた。その帰り道、偶然チャンミに会ったジュニョクは一緒に飲みに行こうと誘い、酔い潰れてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001