テジャに責められたホン女史はチャンミのことがますます嫌いになる。チャンミは何とか誤解を解こうとホン女史の好物のパスタを振る舞うことにしたが、自分の留守中に勝手に家に入ったチャンミを許せないホン女史は、その場で料理を捨ててしまう。その話をテヒから聞いたテジャは怒りを覚えるも、チャンミから決して母親を責めないよう言われる。一方、ミンジュはデザイナーとして会議に出るがチャンミの意見に不快感を覚え…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001