ホン女史は相続を放棄したテジャを家から追い出し、チャンミとの交際も勝手にしろと突き放す。行き場を失ったテジャはジュニョクの家に行くが追い返され、店で寝泊まりすることに。相続放棄を知ったチェ教授はミンジュにお見合いをするよう勧めるが、テジャ自身が好きだから財産がなくてもかまわないと聞く耳を持たない。一方、ジュニョクは公私混同するファン会長に失望しながらも、会長の味方をするしかない状況に苦悩していた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001