ジュニョクからチャンミに告白した話を聞かされたテジャはショックを受けるが、何とかチャンミのことを忘れようと決心する。一方、チャンディに不満を抱いているヨンジュはチャンスの部屋の散らかりようを見て怒りを抑えられない。帰宅したチャンスたちにヨンジュは掃除をしろと注意するが、チャンディがピョンムンとの関係を持ち出し、ヨンジュは何も言えなくなる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001