チャンミを流産させるために雇った男から脅迫されたチェ教授。何とかお金を工面して会いに行くも、その男と一緒にいるところをミンジュに見られてしまう。一方テジャはジュニョクの元を訪ねチャンミのことを頼むとお願いするが、2人の気持ちを知っているジュニョクは複雑な心境に。チャンミのことを諦める決意を固めたテジャは、カン家に挨拶に行く。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001