ラジオ収録に挑んだチャンミは、バラ餅を作ることになった経緯を話しながらテジャのことを懐かしんでいた。ラジオを聴いていたテジャも楽しかった日々を思い出し切なさを感じていた。一方、アラはポンシェフが海外への異動を諦めたと聞いてシェフを呼び出す。ポンシェフの本心に心を打たれたアラは、ついにシンガポール行きを決意する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001