テヒからミンジュが流産していたと聞かされたテジャは、本当に妊娠していたのかどうかを疑い始める。病院で確認を求めるが本人の同行なしには教えられないと言われ証拠をつかめずにいた。一方、チャンミはチェ教授の件で厳罰を求める嘆願書を提出したものの不安になりジュニョクに意見を聞く。よくやったと励まされたチャンミは、怒って乗り込んできたチェ教授に対し強気で立ち向かう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001