ウヒョンは自分がなくしたペンダントを捜し出してくれたスルビに、図らずもときめきを覚えていた。それと同時にいつか別れの時が必ずやってくることを想像して、1人で不安な気持ちになるのだった。一方2年3組では、誰もが思いもよらなかったカンニング事件が発生し、ソンヨルに疑いがかけられてしまう。ウヒョンはソンヨルの濡れ衣を晴らそうとするが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001