ウヒョンがジェソクに狙われたのは、カンニング事件のことをかばってのことだと気づいたソンヨルはウヒョンと距離を縮めていく。一方ジヘは、ウヒョンとソンヨルが親しくなることを危惧してマルスクにウヒョンの転校を依頼するのだった。スルビはイェナに「ウヒョンが好きなの?」と聞かれ、自分の気持ちが分からず混乱する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001