スルビは自分をかばって罰を受けたウヒョンのために濡れ衣を着せられたまま、クラスのみんなに謝罪をする。そして先輩天使に言われたとおり、天使の世界へ戻る準備を進める。人間界との別れの時が迫る中、マルスクが急逝してしまい、戸惑うスルビ。ウヒョンは祖母を失い、スルビからは記憶が戻ったから帰ると告げられ、独り肩を落とすのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001