#30

 
ナダンに家まで送ってもらった成功したヤは、得意の話術で彼の懐に入ろうとする。よく気が利き、ウィットに富んだ会話をするヤに、ナダンは好感を抱き始めていた。またウナはヨンジュンのことを思い出し、電話をかけるが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001