#63

 
ファオムの思いを聞いてヤが泣いてしまって以来、2人の間には気まずい空気が流れていた。ある朝、ヤがファオムを車で送ることになる。食堂で朝食を食べた後、車の中から朝日を見ていると、ヤの口から思いがけない言葉が…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001