英祖はソンを呼び、科挙の規定を元に戻せと命令。さらに、礼曹判書のイ・ジョンソンを罷免し、ミン・ベクサンを後任に指名する。一方、チョルチュはソンの前に姿を現し、平民が科挙を受験するための方法を提案する。そんな中、キム・サンノは、新たな王妃を迎えて嫡男の世継ぎを作るべきだと英祖に進言。昭媛は自分を王妃にしてほしいとキム・サンノに頼み、ジダムの情報を密告する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001