科挙試験場の門を開け、平民たちを呼び入れたイ・ジョンソン。ソンは直訴を受け入れ、平民にも受験の機会を与えると宣言する。これを知った英祖は御営大将のホン・ボンハンを呼び、兵士を送って試験をやめさせるように指示。民の暴徒化を恐れたチェ・ジェゴンは、英祖の説得にあたる。ソンは「罪をイ・ジョンソンにかぶせて処罰せよ」という王命を拒み、世継ぎの座を捨てると言い放つが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001