深秋の日、桃香のもとに突然姿を現した不思議な子犬。言葉を必要としない無償の触れ合いの中で、桃香の中に芽生える………愛しいと想う心。??―胎動するジュナ。失われた生命の儚さ……。どうすることも出来ない想い……。瞳から溢れ出す涙。別離の痛みと、悲しみの意味を知る??―。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001