夜空を瞬きながら流れゆく彗星と共に、姿を現した香陽。姉である御堂寧々に構って貰いたい一心で、香陽は守東家に様々な騒動を巻き起こす。……寧々と香陽が共有する幼い日の記憶。『もう、いいかい。まぁだだよー。もう、いいかーい??―』四百四十九年に一度訪れる約束の日を思い出した寧々は……。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001