クラスメイトとサマースクールへ向かう千波美。見送る両親も千波美も表情は明るい。しかし車中で皆が楽しそうな様子をしり目に光太郎だけが何故か浮かない顔でため息をついていた。そして着いた場所は「自然とテクノロジーの融和を掲げた最新設備の街。「どうしたの?」「え?うん・・・あの...何でもない。気のせいっていうか。そのーーー」見えない何かが動き始めていたのだ・・・

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001