朝、学校の校門で千波美が待ち伏せしているのに気付いた麻織は学校とは逆方向へ行ってしまう。彼女はOZを飛び出して来たのだ。さてどうしようかと考えているその時、以前公園で出会った不思議な雰囲気のドイツ人が車で通りかかった。どこか互いに同じ空気を感じ二人はひと時のデートを楽しむのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001