テイトの逃亡を手引きしたミカゲは、知っている事を話さなければ家族の安全は保証しないとアヤナミに詰め寄られる。"家族"か"テイト"か、ミカゲは究極の選択を迫られる。一方、ミカゲへの想いを募らせているテイトは、願いを叶えてくれるという老人のもとを訪れ、『ミカゲに逢いたい』と願いを告げる。しかし、その瞬間、予想だにしない事態がテイトに襲いかかる!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001