使い魔"コール"に襲われた所をフラウ達に助けられたテイトは、ラグス王国の国王だった父から、後継者として"ミカエルの瞳"を託されたことを思い出す。この記憶が真実なら、自分はラグスの血族を探す帝国に追われる身であり、教会にいると迷惑になると心を痛める。その頃、ラブラドールは『彼の世界を壊す者が迎えに来る』と予言。その直後に現れたのは、なんとテイトの親友・ミカゲだった!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001