テイトやフラウたちは、ミカゲが教会にやってきてからの穏やかな時間がいつまで続くのかと不安に思う。それはミカゲ自身も同じで、体が自分のものではないような気配を感じていた。実はミカゲの魂は半分の状態になっていたのだ。 ラブラドールはミカゲについて『もうすぐ彼は全てなくなる』と予言。その頃、ミカゲは『お前の手でテイトの人生を終わらせるのだ』と迫るアヤナミの思念と必死に戦っていた…!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001