どうやってミカゲの死を償えばいいのかと思い悩むテイトに、カストルは司教試験を受けるよう勧める。合格して司教になれば、あらゆる場所に検閲なしで行けるようになるという。テイトは試験を受けることを決意し、フラウたちと、筆記試験や法術試験の準備を始める。法具"バクルス"を使いこなすことも司教になるには不可欠というが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001